新作シューズをポイントに作る、旬コーデ

暑かったり寒かったりする春先は、靴選びを迷いがち。

このごろ出るアイテムといったら、夏を意識したものが多いので、足元は涼しげで爽やかなシューズがとても多くなります。

でも自分の心に素直になって、どのシューズが良いか聞いてみましょう。

そのシューズをベースに、旬コーデを組み立てていっては?

スウェードローファーは、うんとコーデを夏らしくするとOK

ヒモがない靴もどんどん新作として出てくる今日この頃。

スリッポンじゃ人と被るし、ローファーじゃちょっと夏っぽくないし。

ではこのレンガソールのスウェードローファーはどうでしょう。

ボトムスをショーパン、上をポロなんかで合わせるとカッチリした夏のコーデの完成。

これならスウェード素材でも安心。

ビットローファーはハズさないで、正統派に

ビットローファーはかっちりしたイメージで、あまり遊びがすくないイメージ。

でもこのイメージって大事で、時には正統派のコーデが良い時だって多くあるんです。

クラシックな印象のビットローファーは、キレイ目なパンツととっても相性が◎もちろんショーツとだって相性が良いから、チノショーツ、デニムショーツと合わせて今季はチャレンジしてみるのもいいかも。

素足で履いて、涼しさの中にあるキッチリさを演出してみて!

あえて地味色のスリッポンで、全体の調和を取る

夏は派手色&アイテム数が減少するので、1点1点が目立つアイテムになりがちです。

それの調和と取ってくれるのがシューズだったりします。

エスパドリーユやサンダルが流行する夏場、あえてここは渋め&大人しめカラーのスリッポンを合わせていきましょう。

オーソドックス&地味カラーで、ポイントアイテムにならないかも?と思いがちですが、スリッポン自体がトレンドなので、地味カラーでもスポーツMIXスタイル風に仕上がって◎フェイクスウェード製でキッチリ感も演出!

本革レースアップスニーカーで、足元に豪華さを持ってくる

リアルレザーをアッパーに使った、スポーツタイプのオーソドックスなスニーカー。

ローカット仕様なのでどんなパンツともバランス良く合い、足元にポイントを作ってくれます。

それでいて悪目立ちしないのは、やっぱり素材の良さとデザインが良いから。

カラーによってスウェードレザー製もあるので、ファッションメンズ40代にはどの色が良いか自分の心に聞いてみて。