最近人気の「ミネラルファンデーション」って何?

女性にとって「メイク」は欠かせないものです。

ある程度の年齢になれば、それこそ服を着るのと同じくらい、メイクは「日常的なもの」になります。

20代以上の女性で、一度もメイクをしたことがないという人は、おそらくいないのではないでしょうか。

毎日するメイクだからこそ、「お肌への影響」を考えたいものです。

ミネラルファンデーションとは

最近、いろいろなメディアで「ミネラルファンデーション」というファンデーションが紹介されています。

聞いたことのある人も多いミネラルファンデーションですが、どのようなファンデーションなのでしょうか。

ミネラルファンデーションとは、ミネラル(鉱物)を原料にして作られたファンデーションのことです。

ファンデーションからお肌にとって負担となる成分を排除していった結果、ミネラルだけが残ったという感じです。

もともとミネラルファンデーションは、アメリカの皮膚科・形成外科がレーザー治療やケミカルピーリング後の敏感肌でも使えるものを作ろう!と思ったことが始まりだと言われています。

お肌に負担となる「界面活性剤」や「シリコン」などを含まないので、ミネラルファンデーションはルースタイプのものがほとんどです。

敏感肌の人や乾燥肌の人など、肌タイプを選ばずに使うことができるのもミネラルファンデーションならではの特徴と言えるでしょう。

ミネラルファンデーションは何からできている?

ミネラルファンデーションはミネラル(鉱物)から作られている、という話をしましたが、具体的にはどのようなものから作られているのでしょうか。

ブランドやメーカーによって多少の違いはあるものの、主な成分は・酸化チタン・酸化亜鉛・酸化鉄・マイカの4つです。

酸化チタンは日焼け止め効果のあるSPFやPAを含み、カバー力のある成分です。

酸化亜鉛は肌に透明感を与え、酸化鉄は美しい発色で肌をきれいに見せることができます。

マイカはつや感や心地いい肌触りを与えてくれます。

酸化亜鉛やマイカには「抗炎症作用」があるので、使うほどにお肌をダメージから癒してくれますよ。

ミネラルファンデーションの使い方は?

では、お肌にやさしいミネラルファンデーションの使い方を説明したいと思います。

一般的なファンデーションはスポンジやパフを使うことが多いです。

しかしミネラルファンデーションはルースタイプなので、ブラシを使いましょう。

少量のミネラルファンデーションをブラシにしっかりと含ませます。

このとき、ブラシの表面だけに粉がついているのはNGです。

そして、360℃いろいろな方向からブラシをすべらせるようにしてファンデーションを乗せていきましょう。

顔の内側から外側へ向かってブラシをすべらせていくと、うまくいきますよ。

カバー力がほしい人は、同じ手順を2~3回繰り返してください。

ミネラルファンデーションは「しっかり塗る」というより、「肌に乗せていく」感覚で使うと良いと思います。

ミネラルの粒子が多面的な輝きを与え、肌をきれいに見せることができますよ。